有効だと認める要件は?

2014.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

契約は約束に基づくものですので、当事者間に合意が形成されていなければなりません。そして法律的に契約が有効になるためには以下の4つの要件を満たしていることが必要です。それは、内容の確定性・実現可能性・適法性・社会妥当性で、これらが不十分では契約の違法性が疑われます。

 

 

まず内容が確定していることについて。これは具体的になにを履行しなければならないのかが明確になっていなければなりません。これを欠くと裁判所が強制的実現を行おうにも不可能だからです。ただし契約で詳細条件を全て明らかにすることができない時は、は民法の規定や慣習などを考慮して、契約内容を補充・修正します。

実現可能性は明確です。そもそも実現が不可能であればそれを強制的に実現させることも最初からできないのです。このような場合は合意そのものが無効です。ただし契約が実現されるされないの判断は、あくまで合意がなされた時点での実現の可能性です。合意の上で、後発的な事情によって実現できなくなった時には、契約が有効であるという前提の素に、契約不履行に伴う損失をどちらが負担すべきかという問題になってくるのです。

 

 

適法性について。法律は弱者の保護と公の秩序の観点から、ある一定の行為を禁止しています。そうでなければ社会共通の安全や利益が損なわれるからです。これらの規定は強行規定と言われていて、これに反する行為は無効で、強行規定に反する内容の契約も当然無効となります。

 

 

社会的妥当性とは、契約が国の強制力の実現に協力するに値する無いようでなくてはならないということです。これに反する行為は、民法90条によって公序良俗に違反するものとなり、無効となるのです。