違法だと判断する基準は?

2014.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

人々が安心して生活していくためには、守らなければならないルールがあります。人々の間のルールは、一般的には法律によって決められています。法律で決められていることを無視して行動して、違法だという判断をされた場合、さまざまなペナルティーを受けることになります。

 

法律で規定されているルールの中には、契約などで独自の定めをすることが認められている法規と、認められていない法規とがあります。前者のものは任意放棄と呼ばれ、後者のものは強行法規と呼ばれています。ルールの性質によって、ペナルティーにも違いが出てくるため、法律の内容を正確に理解しておかなければなりません。

 

また、効力法規というものについても、知っておく必要があります。効力法規は、効力規定と言われることもあります。効力法規とは、ある一定の行為を禁止したり、その行為をするための条件を定めたりする規定で、違反した行為は無効になるものを言うのです。

違法という判断をされると、さまざまなペナルティーを受ける可能性がありますが、違法と似ているものに脱法行為というものがあります。脱法行為というのは、法律に明確な違反をしているわけではないものの、適正な行為ではなく、実質的には違法と言えるものを指します。”