私人の法律関係ってどういうもの?

2014.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

人が社会生活を営んだり、企業が事業活動を行う上で契約を結ぶ機会は多くあ

 

ります。そしてそういった契約に関しては民法の規定が適用されるのが原則です。
そしてその民法では私的自治の原則を基本としています。これは特に法律で強

 

制されていない事は、各個人間で自由に取り決めを行うという内容です。

 

つまり契約を結ぶか結ばないかを自由に決める事ができて、どのような内容にす

 

るのかも自由に決めることができるという事を意味しています。

 

この事を契約自由の原則と言い、普通の一般人が日常生活を営む上で当たり前

 

のように行っています。例えば買い物をするときに、お店や買うものを自由に選び

 

ますが、これは契約自由の原則の典型的な例です。
そしてその契約自由の原則に加えて過失責任の原則も民法の基本になります。

 

これは過失があった場合にはその責任をとらなければならないという事を意味し

 

ています。例えば飲食店で賞味期限をチェックするのを忘れていて、賞味期限切

 

れの食材を使用して客が腹痛を起こした場合などにこの過失責任の原則が適用

 

されます。ここで重要なのは責任が問われるのはあくまで過失があった場合のみ

 

で、過失がなかった場合には特に民法上の責任を追求される事はありません。